iphone7

ー 2016年発売モデル
2016年発売モデル
iphone7仕様

iphone7 商品一覧11件

並び順

ジャンルで選ぶ

価格帯

容量(GB)

カラー

商品ランク(コンディション)

  • 全て

今でも現役?4.7インチのコンパクトボディが魅力のiPhone 7

発売されてしばらく経っているにもかかわらず、中古市場でiPhone 7は高い人気を誇っています。今回はそんなiPhone 7の特徴をご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

iPhone 6sから新しくなったiPhone 7

一世代前のiPhone 6sからよりシンプルなデザインに改良されましたが、それ以上に、カメラ性能の向上やおサイフケータイ対応、防水防塵対応など、中身は大きく進化しました。次にiPhone 6sから新しくなった点を中心に解説します。

Suica・iDなどのおサイフケータイに対応

iPhone7にはFeliCa(フェリカ)と呼ばれるおサイフケータイ機能を初めて採用しました。これによりiPhoneでJR東日本のSuicaや楽天Edy、ID、nanacoなど代表的な電子マネーが使用できるようになりました。

iPhone 6sでは、店頭でのTouch IDを使ったApple Payの支払いは可能でしたが、改札などでのキャッシュレス決済には対応していませんでした。それがiPhone 7では、モバイルSuicaやiD、QUICPayによるキャッシュレスの決済が行えるようになったのです。

iPhoneシリーズ初の耐水・防塵仕様

最近のiPhoneでは耐水・防塵機能が当たり前ですが、AppleのiPhoneシリーズで耐水・防塵に対応したのはiPhone 7が初めてです。iPhone 7はIP67等級の耐水性能と防塵性能が備わっており、「深さ1mまで、最長30分間」であれば耐えられる性能となっています。しかし、「耐水性」はあれど「防水」ではないのでお風呂やプールで使用するのはおすすめできません。

iPhone 7は「万が一水に落としてしまった時もある程度耐性はあるが、水場での使用には向いていない」と言えます。もし、お風呂などの水場でiPhoneを使用する時は、「防水ケース」を使用するなどの工夫が必要でしょう。

イヤホンジャックが廃止

iPhone 7からイヤホンジャックが廃止されたことで、当時は賛否両論の話題になりました。イヤホンジャックが廃止といっても初めてのワイヤレス化に配慮してかiPhone7には変換アダプターが同梱され、アダプターを使用すればこれまで通りイヤホンやヘッドホンを有線でつなぐことも可能です。

ホームボタンが感圧式に

iPhone 7は物理式のホームボタンが廃止され、感圧式のホームボタンに変更されました。従来のホームボタンの感覚に慣れている人にとってはこの仕様変更に最初は違和感を覚えたでしょう。

LTE回線が最大450Mbpsへ向上

iPhone 7ではLTE回線が最大450Mbpsへ向上し、従来のiPhoneよりも速くLTE通信ができるようになっています。残念ながら5Gに対応はしていないものの、日常的に利用するデータ通信であれば問題ない通信速度といえます。

iPhone 7のカメラ性能を徹底解説

iPhoneの性能を評価する上で重要なのがカメラ性能です。シーンを選ばずに手軽に高画質な写真を撮影できるiPhoneのカメラは日常的に重宝するツールであり、機種選定する上で重要なポイントとなります。iPhone 7のカメラのスペックをiPhone 6sと比較しながら見てみましょう。

F1.8の明るいレンズを採用

iPhone 7のカメラレンズはiPhone 6sから目に見えて大きくなり、レンズの明るさを表すF値もF2.2からF1.8と大幅に上がりました。一般にF値が上がるほど、光を多く取り込めるので暗所に強く、また被写界深度(ピントの合う範囲)が狭くなるので背景がボケやすくなります。

ちなみにiPhoneシリーズのカメラは世代を重ねるごとに進化していますが、F1.8という値はiPhone11シリーズでも変わっていません。

光学式手ブレ補正搭載

iPhone 6s Plusで初めて搭載された光学式手振れ補正機能ですが、iPhone 7シリーズではiPhone7 PlusだけでなくiPhone7にも搭載されています。

光学式手振れ補正とは、カメラの振動に合わせてレンズが動く免振機構のこと。光学式手振れ補正機能と明るいレンズのおかげで、iPhone 7では、夜景のような暗所に劇的に強くなりました。より色鮮やかでメリハリのある写真を撮ることができます。また、手ブレを抑えたより安定した動画も撮影可能となっています。

1200万画素イメージセンサー

iPhone 7は、iPhone 6sと同じ1,200万画素の裏面照射型イメージセンサーを搭載しています。「Focus Pixels(像面位相差AF)」という仕組みによる高速オートフォーカスはしっかり継承しつつ、センサーの読み出し速度が60%、電力効率が30%それぞれ向上し、スポーツなど、動きの速い被写体の歪みが改善されました。

クアッドLED True Toneフラッシュ

カメラレンズの横にあるLEDフラッシュは、iPhone 6sの「デュアルLED」から「クアッドLED」になり、50%明るくなりました。

「True Tone」とは「自然な色合い」という意味です。一般的な白色LEDとオレンジがかったLEDを組み合わせることで、最適な色合いを実現しています。

iPhone 7はこんな人におすすめ!

これまで色々な側面からiPhone 7の機能を比較してきました。それを踏まえて、それぞれの機種がどんな人におすすめなのかまとめました。

スマホを安く手に入れたい人

高画質な写真を撮影できて、小さいサイズから片手での操作性が非常に高いことがiPhone 7最大の特徴です。その上、端末価格が一番安いのも嬉しいポイント。基本的なiPhoneの機能を使いつつも操作性を落としたくない、とにかく初期購入費用を抑えたいという人にはおすすめの端末です。

2台目のサブ機として使いたい人

例えば、普段使いには手の収まりが良いiPhone 7を、スマホゲームや電子書籍を購読する際は大画面のiPhoneを使いたいといったニーズを満たすことができるのが2台持ちです。

また、メイン機種が故障してしまったとしても、SIMカードさえ無事ならば、SIMカードを差し替え、サブ端末を一時的にメイン端末として利用することもできます。

海外で利用したい人

年に何度か旅行、特に海外に行かれる方やアクティビティをしながら連絡を取ったり、ついでに写真まで撮りたいなら、壊れてもいいサブ機も持っておいた方がよいでしょう。

旅先の国や地域によっては日本よりも治安が悪い場合、道を歩いているだけでスリやひったくりに遭う可能性も。不測な事態が発生した際も、サブ機なら損失も少なく済むでしょう。

まとめ:2台目のサブスマホとして優秀なモデル

いかがでしたか?毎年進化を重ねるiPhoneシリーズですが、カメラ機能を含めて自分にとって必要な機能を見極めることが大切です。ぜひ、お気に入りのiPhoneを探してみてください。

ご利用ガイド

お支払いについて

お支払い方法について

お支払い方法には、クレジットカード、銀行振込がご利用いただけます。
なお、代金引換、後払いはご利用いただけませんのでご了承ください。

配送について

送料について

送料は、サイトに表示されている商品売価に含まれています。

発送・お届け日について

商品の発送は入金確認日から2営業日以内です。

商品について

保証・返品について

端末のランクに応じてセカスマに出品する法人企業が定めた補償を最大一年間ご提供します。

ネットワーク利用制限(通信規制、赤ロム)となった場合は、保証期間の有無にかかわらず補償対象とさせていただきます。

詳しくはこちら >