iphone8

ー 2017年発売モデル
2017年発売モデル
iphone8仕様

iphone8 商品一覧119件

並び順

ジャンルで選ぶ

価格帯

容量(GB)

カラー

商品ランク(コンディション)

  • 全て

中古市場で今でも人気のiPhone 8の特徴をご紹介!

発売されてしばらく経っているにもかかわらず、中古市場でiPhone 8人気は衰えていません。Face IDが苦手な人がホームボタンをタッチするTouch IDに惹かれてiphone 8を選ぶこともあるようです。今回はそんなiPhone 8の特徴をご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

iPhone 8のデザイン・カラー

iPhone 8は古い機種ではありますが、機能・性能・デザインなどが優れたおすすめの機種です。まずはデザイン・カラーを解説します。

4.7インチのコンパクトボディ

iPhone 8は4.7インチディスプレイとTouch ID内蔵のホームボタンを搭載した小型モデルで片手操作でも問題なく使うことができます。iPhone 12 miniの登場によりサイズ、スペックともに比較してしまうと劣っていますが、小さいiPhoneでなお低価格、そしてホームボタンが欲しい人は特におすすめのiPhoneにといえるでしょう。

背面は高級感漂うガラス素材

デザイン面は前モデルのiPhone 7と似たようなものとなっていますが、背面パネルは光沢ガラスを採用し、シンプルで高級感漂うデザインとなっています。またフレーム部分には、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミ製を採用しているため、高級感のある質感と耐久性が向上しています。

ただし、ガラス素材である以上、万が一落下してしまった場合のガラス割れには少し不安があります。できれば指紋の付着や落下による背面のガラス割れを防ぐ為のフィルムやケースを別途装着しておくことをおすすめします。

カラーは4色構成

iPhone 8はゴールド・シルバー・スペースグレイ・(PRODUCT)REDの4色構成となっています。背面のデザインは「iPhone」の文字のみになりシンプルな仕上がりになっています。

ゴールド・シルバー・スペースグレイは充電器の差込口の中まで本体カラーと同じ色で塗装されていて統一感がありかなりオシャレです。レッドのみブラックで塗装されていてレッドとブラックのコントラストが特徴的です。

iPhone 8の基本スペック

8の外観・デザインを確認したところで、詳しいスペックも見ていきましょう。2023年の現在でも使用できるのか、自身の使い方に不足はないのか、検討する材料にしてください。

Neural Engineを搭載したA11 Bionicチップ

iPhone 8の心臓部には「A11 Bionic」と呼ばれる、チップが搭載されています。iPhone 7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionチップよりも最大70%高速、さらに、残り2つの性能コアはA10 Fusionチップよりも最大25%高速です。

しかしながら、現在のiPhoneのスペックから考えると、3Dなど高画質のゲームや動画編集などの処理性能に大きな負担をかける作業には向いていません。しかし、電話・メール・SNSなどの比較的軽い作業であれば、最新のiPhoneでもほとんど使い心地は変わりません。用途を割り切って使用する分には十分は性能を持っているといえるでしょう。

True Toneディスプレイを採用

TrueToneとは自身の周囲の光に合わせて色合いを調整してくれる機能です。つまり、スマホによる目の疲れを軽減してくれる機能ともいえます。その負荷を少しでも軽減するため、周囲の光に合わせて色合いを自動で調節してくれるのがTrue Toneなのです。

Force Touch(感圧センサー)搭載

iPhone 6sから搭載されている、3D TouchことForce TouchがiPhone 8にも搭載されています。Force Touchとは、通常のタップに加え、ライトプレス(軽押し)、ディーププレス(深押し)の3種類の動きで、ショートカット操作を行うことが可能です。

残念ながら、現在のiPhoneではこのForce Touchは廃止されていますが、日常での使用は勿論、ゲームアプリなどでは凄く役に立つ機能と言えるでしょう。

ワイヤレス充電に対応

iPhone 8から初めてワイヤレス充電に対応しました。ワイヤレス充電の最大のメリットは、充電器の上に置くだけで充電ができることです。充電のたびにケーブルや電源を探したり、スマートフォンに接続したりといった手間がありません。かさばりがちなケーブルもないので、すっきりとしたスペースを維持できるでしょう。ただし、iPhone 12から登場したMagSafe充電には対応していない点に注意が必要です。

IP67等級の耐水防塵性能

iPhone 8はIP67等級の耐水性能と防塵性能が備わっており、「深さ1mまで、最長30分間」であれば耐えられる性能となっています。しかし、「耐水性」はあれど「防水」ではないのでお風呂やプールで使用するのはおすすめできません。

iPhone 8は「万が一水に落としてしまった時もある程度耐性はあるが、水場での使用には向いていない」と言えます。もし、お風呂などの水場でiPhoneを使用する時は、「防水ケース」を使用するなどの工夫が必要でしょう。

iPhone 8はこんな人におすすめ!

これまで色々な側面からiPhone 8の機能や使い勝手を比較してきました。それを踏まえて、それぞれの機種がどんな人におすすめなのかまとめました。

スマホを安く手に入れたい人

高画質な写真を撮影できて、小さいサイズから片手での操作性が非常に高いことがiPhone 8最大の特徴です。その上、端末価格が一番安いのも嬉しいポイント。基本的なiPhoneの機能を使いつつも操作性を落としたくない、とにかく初期購入費用を抑えたいという人にはおすすめの端末です。

2台目のサブ機として使いたい人

例えば、普段使いには手の収まりが良いiPhone 8を、スマホゲームや電子書籍を購読する際は大画面のiPhoneを使いたいといったニーズを満たすことができるのが2台持ちです。

また、メイン機種が故障してしまったとしても、SIMカードさえ無事ならば、SIMカードを差し替え、サブ端末を一時的にメイン端末として利用することもできます。

海外で利用したい人

年に何度か旅行、特に海外に行かれる方やアクティビティをしながら連絡を取ったり、ついでに写真まで撮りたいなら、壊れてもいいサブ機も持っておいた方がよいでしょう。

旅先の国や地域によっては日本よりも治安が悪い場合、道を歩いているだけでスリやひったくりに遭う可能性も。不測な事態が発生した際も、サブ機なら損失も少なく済むでしょう。

中古市場で人気のiPhone 8

中古市場で人気のiPhone 8ですが、せっかく購入しても、選び方を間違えると格安SIMなどで使えないことがあります。そのようなことにならないよう、中古のiPhone 8を購入する際にチェックしておくべきポイントをご紹介します。

スマホの状態やスペックをよく確認する

中古のiPhone 8を購入する際は、スマホの状態やスペックをよく確認しましょう。店舗で購入する場合は、じっくり実物を確かめることができます。またネットショッピングで購入する際も、写真などで状態をある程度判断できるでしょう。

初心者でも、状態ランクを確認すれば安心して選べます。ランク分けは店舗ごとに異なる場合がありますが、なるべく上のランクを選んでおくとしばらくの間iPhoneを故障させずに使える可能性が高まります。最低でも、Bランク以上のiPhoneを選んでおきたいところです。

白ロム保証がついているがあるものを選ぶ

購入した時点では白ロムでも、のちに最初の購入者が虚偽の申し込みを行っていたことが判明したり、スマホの代金を支払わずに滞っていたりすると、のちのち赤ロムになってしまうことがあります。

白ロムの購入を検討する際は、赤ロムになる可能性とリスクを考慮しなければいけません。赤ロムに対する保証を行っている中古スマホ販売店もあるため、購入先を決めるときにどのような保証制度があるか確認しましょう。

IMEI番号から支払い状況などを調べる

中古端末購入時にご自身で赤ロムを見分ける方法を学んでおきましょう。購入しようとしている端末が赤ロムなのかどうかは端末の外見を見ただけでは判別できませんが、各キャリアの照会ページで検索することで確認ができます。

携帯電話販売店の店頭や販売店のウェブサイトなどで「IMEI」と呼ばれる15桁の端末識別番号を確認し、番号を控えておきます。該当端末をすでに使用中の方でしたら、電話画面を開き「*#06#」を入力することによっても表示可能です。

IMEIを入力すると、以下のいずれかが表示されます。×が表示された場合は赤ロムに該当しているので、購入時には注意しましょう。

◯:ネットワーク利用制限がかかっていない
△:現在は制限がかかっていないが、今後かかる可能性がある
×:ネットワーク利用制限がかかっている
―:そのIMEIが存在しない(入力ミス)

このように各キャリアで番号を検索すれば見分けられるので、フリマアプリやオークションで白ロムを購入する際は売主からIMEIを聞いて確認しましょう。

まとめ

iPhoneは長期間の使用にも耐えられるよう設計されており、現在でもiPhone 8を使っている人は珍しくありません。この記事をご参考に、今から買っても大丈夫なのか、自身の使い方に不足はないのか検討する材料にしてください。

ご利用ガイド

お支払いについて

お支払い方法について

お支払い方法には、クレジットカード、銀行振込がご利用いただけます。
なお、代金引換、後払いはご利用いただけませんのでご了承ください。

配送について

送料について

送料は、サイトに表示されている商品売価に含まれています。

発送・お届け日について

商品の発送は入金確認日から2営業日以内です。

商品について

保証・返品について

端末のランクに応じてセカスマに出品する法人企業が定めた補償を最大一年間ご提供します。

ネットワーク利用制限(通信規制、赤ロム)となった場合は、保証期間の有無にかかわらず補償対象とさせていただきます。

詳しくはこちら >